家でできる仕事チャットガールのお仕事の流れ

家でできる仕事を探している人や、副業をしたいと思っている人はチャットガールはいかがでしょうか?
チャットガールはライブチャットで男性と話をして、収入を得るお仕事です。とてもシンプルで簡単なお仕事ですよね。
まず、会社に身分証明できるものと顔写真を送ってお仕事開始が可能かどうかを審査してもらいます。
この時、容姿に自信がないからとおいって心配する必要はありません。可愛くてきれいな人とお話ししたい男性ばかりではありませんので、容姿はあまり関係ありません。18歳以上の女性かどうかの審査なので、ほとんどの方がお仕事開始をすることができると思います。

審査が通ったら、さっそくお仕事開始です。はじめは全く分からない中でのお仕事なので、スタッフさんが丁寧にお仕事の方法を教えてくれます。

慣れてくると、お客さんも特定の方がつくようになってくると思いますし、そうすると長時間の会話がしやすくなります。チャットガールでは、会話をしている間時給が発生しますのでできるだけ長い時間会話が続く方がたくさん稼ぐことができるのです。

おしゃべりした分の収入は、通常ひと月ごとにまとめて翌月銀行に振り込まれます。びっくりするほどの高額が振り込まれていることでしょうね。

現地取材をするライターの仕事内容は?儲かるの?

家でできる仕事とは少し違って、実際に現地に足を運んで取材をするのが主な仕事内容となっています。

記事を書くことだけなのであれば、カメラ担当の人とペアを組んで現地に足を運ぶと言う事もありますし、取材をするだけで終わるということもあります。
これはクライアントからの依頼によって変わることになるのですが、大体の場合は、写真も記事も一人で担当をすることが多いように思えます。

現地取材をするライターの場合、一件につき○○円と決まっていることが多いです。
もちろん、これもクライアントや依頼によって違っており、安い場合は3000円程度、金額が高い場合は2万円ほどになっており、かなり報酬に差があります。

私も現地取材をしたことがありますが、私の場合は1件当たり5000円の報酬となっていました。
報酬金額が高くなっているのであればいいのですが、低い金額の場合、交通費のことを考えると、かなり稼げる金額が減ってしまうということもあります。

ですから、依頼を受ける前に、交通費などを考えて、其れでも十分だと思うのであれば依頼を引き受けるようにしたほうが良いでしょう。
私の場合、5000円の報酬となっていましたが、交通費や移動時間、写真の撮影と加工などを考えると、かなり割に合わない報酬だったと思います。

ですから、現地取材のライターをしていくのであれば、複数の依頼を受けるようにして、一日当たりの報酬額を増やすようにしなくては、かなり割に合わなくなってしまうと思います。

好きな時間に家でできる仕事!チャットレディは高収入内職

少しのお小遣いが欲しいと思っても、本業が忙しくてアルバイトはできない、ということもあるでしょう。

そんなときに、女性にはチャットレディをして副業にしてみる、ということをおすすめしたいと思います。
副業をすることができないと思っている人は、やはり忙しいし体力的にもきつい、と思っていることでしょう。

しかし、チャットレディの仕事であれば、家でできる仕事だし、時間も体力もそこまで必要なものではないのです。
どういうことかというと、チャットレディは自宅でできてしまう副業になるからですね。
チャットレディの仕事は勤務時間に特に決まりがないものになっていて、自宅で働けてしまうのです。

こういう特徴を聞いていて、すごく自由なものだと感じるのではないかと思います。
少しの空いた時間を使って働くことができてしまうのが、まさにチャットレディの特徴であるといえるのですね。

チャットレディの仕事をするために必要になるものは、パソコン、ウェブカメラ、マイクなどです。
これだけのものが揃っていれば、自分の部屋を仕事場にすることができてしまうのですね。

そこでは男性との会話をするということが仕事内容になりますので、得意な人であれば感嘆にできてしまうでしょう。

チャットレディの仕事なら、普段は忙しいという人でも、簡単にできてしまうものなのですね。

主婦が絶賛する商品の使用レポートを書く家でできる仕事

初歩的なことから、イザ在宅ワークが始まってからもサポートをしっかりしてくれる企業があります。
こうしたところに登録をすれば、初心者の方でも安心してはじめることが出来ますよね。
どのような家でできる仕事を紹介してくれるのだろうか?などと思う人もいらっしゃるでしょう。単純な作業もありますが主婦の方に嬉しいというものもあるのです。

それは「1ヶ月使用レポート」のようなものです。
商品を送ってもらい、実際にそれを使用します。

期間は平均して1ヶ月前後のようです。そして、1ヵ月後、その使用感などをレポートとして提出するのです。

日頃、家事をしているからこそ分かるというものもありますし、もしかしたら以前から使用してみたかった商品を試すチャンスが来るかも知れません。
こうした在宅ワークでしたら楽しんで出来そうですよね。

レポートに関しては文字数設定や期日などが設けられている場合もありますので、その部分だけは最初の段階でしっかりと頭に入れて置くようにしましょう。

商品に関しては様々なジャンルのものがあります。細かなところに気がつくという点で評価される場合もありますので様々な角度から見ていくとより良いと思います。

指定されることもありますが、自分で選択することも出来ます。

待受け画像やデコメの作成の仕事について

最近は大体の人が携帯電話やスマートフォンにデコメや待受け画像の設定をしているのですが、その待受け画像やデコメの作成をするのが業務内容となっています。

クライアントが求める画像やデコメを作ったり、特徴あるデザインを考案したりするというものが多いですね。
デコメの場合は1つの画像につき、数百円ほどの報酬になっているということが多いです。

そして、待受け画像やHTMLメールで使われるテンプレートの場合は数千円ほどの報酬、FLASHを使った画像の場合は数千円から1万円ほどの報酬が相場となっています。

着せ替え機能などがついている画像の作成などの場合は、さらに高額な報酬になると言う事もあるのですが、これはクライアントによって報酬額にかなりのばらつきがあります。

待受け画像の作成やデコメの作成は、10年くらい前からニーズが非常に高くなっていたのですが、スマートフォンが普及するようになり、デコメよりもスタンプなどが流行になりつつあります。
ですから、徐々に案件数も少なくなってきているように思えます。
まだ、フィーチャーフォンを利用している人のほうが多いのですが、今後はスマートフォンを持つ人のほうが増えていくことになるでしょうから、さらに案件も少なくなってくるのではないでしょうか?

イラストやデザインの家でできる仕事の案件は数年ほど前は結構多く、依頼も多かったのですが今後はデコメなどのように案件数も少なくなっていくことになるのかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ